ほっかブログ

すなはまMG

定例行事であるすなはまMG、すなわちマネジメントゲームを開催しました。会場はいつもの場所である竹島の対岸にある南部市民センターにて。海風を感じながら行うMGはなかなか風情があっていいものです。

MGは各社それぞれ会社経営を行っていき、経営者の個性や考え方が如実に会社経営に表れます。計画的な経営、場当たり的な経営、勢いのある経営様々な経営方針の中で、各社が競い合い自己資本をのばしていきます。

今回参加人数が9人ということで少人数の中で行いましたが、本当のところは20人前後でできるので理想です。人数が少ないとマンネリ化してしまうので。

次回は多くの人に参加して頂けるようにMGの価値を流布できるよう考えていきたいと思います。そのテーマとしてはMGに参加すると”どうなるか”ということです。

コメントが2個あります

  1. yas510 より:

    個人的な感想ですが、
    MGを長く続け、体に馴染ませることで
    身の回りに起こる出来事をMG的思考で
    因数分解できるようになることが
    メリットなのかなと思います。
    MG的思考=経営的思考と仮定すれば
    普段の思考を自然に変えていくことに
    繋がるのかと。

    もう一つはゲーム形式により五感を使うことで
    頭ではなく体に先に身につけさせる効果がある気がします。
    体で覚えたことは忘れにくいですし。

  2. mideco より:

    そうですね。
    MG効果なのか、なんとなく、ビジネス系のニュースを見てても自然と会社盤を頭の中でイメージしたりして、感覚的に認識できるような気がします。

    頭だけで考えると難しいテーマでも、五感をフル活用して学ぶと、理解が早まる気がします。

    頭デッカチにならない。インとアウトのバランス。

    頭だけでなく五感で感じる、これって大事ですね。

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く