ほっかブログ

ウサギと銃

いやはや最近のCG技術はスゴい!

you tubeでちらっと拝見させてもらったこの「Cat Shit One」という鳥獣戯画的な戦争映画。

最初はよくあるコメディものかな〜と思いきやかなり本格的でやりすぎなくらいつくり込まれてます。

銃の描写といい、砂埃、爆発表現が生々しくリアルです。

のらくろ上等兵現代版という位置づけになるのかな?

cat shit one左:アメリカグリーンベレー隊員で白ウサギのパーキンス 右:同じくグリーンベレー隊員で黒ウサギ(黒人だそう)のボタスキー

このかわいいウサギ達が人間勝りのアクションを見せてくれます。擬人化した動物たちが本気の戦争をするといショッキングなものですが、この映像を見る限りではカッコいいアメリカ映画的なものなので見ていて辛くありません。

cat shit one敵のアラブ系のラクダ兵。個性がありません。なんともいやらしい顔ですね。このラクダ兵達に捕われたカナリヤを助け出す作戦のようです。

ak47cat shit one映像表現と展開は鬼気迫るものがある非常に素晴らしい作品です。

ただアメリカ視点での描写とラクダ兵の殺されようが少し残念に感じました。アメリカ=正義である。カラシニコフを手にしたアラブ兵は標的でしかない。そして、人質を助けだしたアメリカ兵はカッコいい。みたいなところが残念ですね。

まあそこのところをどうこう言う作品ではないのでしょうが…。

コメントが2個あります

  1. ・・・ より:

    すごいね、CG。よくできている!!!
    戦争映画なのに安心してみれたのはウサギのおかげ?!
    内容はともかく、いいものを見せてもらいました!
    戦争映画なら「プライベート・ライアン」かなwww

  2. mideco より:

    何故かスパム指定になってしまいますが…

    ちなみにこの映像には出てきませんが日本人は猿、でロシア人は熊、など国ごとに動物が割り当てられているそうですよ。
    wikiにのってますので見てみて下さいね〜

    僕は「戦場のメリークリスマス」に一票!

コメントを書く

ほっかにログインしてコメントを書く