ほっかブログ

カテゴリー「以心伝心」

「社内報のススメ」ホームページができました!

「社内報のススメ」ホームページができました!
http://shanaihonosusume.wix.com/shanaino

スクリーンショット 2015-06-05 10.42.28

昨年秋の「かわしんビジネス交流会」にて配布させていただいたパンフレットのWeb版になります。
中小企業の社内報づくりについてのアレコレや、
弊社で今まで作らせていただいた社内報のサンプル等も掲載しています。
社内報を作ってみようかな?とお考えの方、是非ともご覧下さいませ!

以心伝心35号発行!MG特集

以心伝心35号(8月31日号)を発行しました。

今月号の特集はMG!大河内氏のMGの連載などでMGへの熱意が高まる中での特集です。社員それぞれのMGの感想や次回への期待などを取材しました。他、社員のコラム記事は順調に連載しております。巻末の漫画は今月号もパンチが効いていて痛快でございます。

以心伝心は弊社にて入手できます。ご希望の方には郵送で送らせて頂きますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

PDF版公開してます。こちらのリンクからどうぞ→ vol35_以心伝心

 

社内報「以心伝心」について

社内報「以心伝心」について

当社が以心伝心を発行したのが2009年5月。それから2年とひと月で21号を発行してきました。以心伝心のテーマは、「心と心を結ぶコミュニケーションツール」です。ミデコ社員を取材したり、旅行の報告記事をのせたり、社長の言葉をのせたりとコミュニケーションツールの名に恥じぬようテーマを決め発行をしてきました。これからもそこのところは変えずにさらなる質の向上を目指そうと思います。

最近、紙面をつくることに夢中になって、編集・制作・発行の仕組みづくりを怠っていたことに気が付きました。良い紙面を作ることに 夢中になることも必要なことですが、良い紙面ができるような仕組みをつくることも大事です。校正は誰が、制作は誰が、取材は誰が、担当を決め、スケジュールを決めて進めることが大事に感じます。なので、今後としてはチームで作るということを意識して進めていけたらと思います。

おまけ:眠そうな犬

社長の「ためにならないようでためになる言葉」その2

がんばれ、と言わない

とかくよく使われる言葉であるが、ある時この言葉を使うことの弊害に気付いた。少年野球の試合や練習でよく頻繁に使うことが多い。(多かった。)「がんばって練習してうまくなれ」「がんばって素振りして打てるようになろう」等々。指導する立場でもどうやったら上手に打てるのだろうかとはいつも考えながら教えているが、最終的には「がんばって○○しよう」などと言ってしまうのだ。ということは、指導の立場である私が、実は的確な指導ができていなかったことである。

話を変えて、ある社長本で「一生懸命やらなくても仕事さえやってくれればいい」のフレーズに目が止まった。はっと思った。そうなのだ。お客様は「一生懸命、がんばってやること」にお金を払うのではないのだ。成果物に対してその対価を払うのだ。

少年野球のがんばれとビジネスの一生懸命がんばるが、ここで合致したのである。何事も具体的に、計画的に動くことが結果に繋がるのだと。

よって、それからはこの曖昧な表現、もっと言うならばごまかし言葉を使わず、具体的な言葉を使うよう心がけているのである。不思議なもので、使わないと決めると頭がよく回転することに気付いた。話しながら具体的に考えようとするのである。まだまだ修行の途であることは間違いないが。

ちなみにエールを送るという意味で「がんばれ」を使うことは自分の中では許されているのである。

M.J (President of Mideco)

社長の「ためにならないようでためになる言葉」その1

使われる箒(ほうき)になれ


 自分が高校2年生の時レストランでアルバイトをしていたチーフ(料理長のことだが、社内ではチーフと呼ばれていた)に授かった言葉である。お客様もいなくなった厨房で雑談しているときに「これから社会にでて働くことになるけど“使われる箒になれよ”人から声を掛けられる、人から頼まれることが多い人間になれよと。」何でその言葉を掛けてくれたのかは不明だ。当時の自分が使えない人間だったのかともとれるが、その前に怒鳴られていただろう。だからいい意味でエールと捉えている。
逆に使われない箒とはどんなことだろうと当時考えてみたことがある。単純に“使えない”人間であろう。期待できない、信頼できない人間であろう。と思ったものだ。

30年経った今もこの言葉は大切にしている。お客様から期待される会社。期待される人間になりたいといつも思っている。 

M.J (President of Mideco)

いつもよりちょっと多く“伝心”しております

さて年末号発行!年末特別号ということでなんと4面!…というわけでもなく、実際は記事をお願いしたら思った以上に多く集まったので、だったら4面でやろうということでこうなったのであります。

Sg氏、Ok内氏、Kb氏,Gt氏、そして私kesunkeの記事で構成されてます。

なかなか今回はミデコメンバー同志“伝心”できたかなと思います。新年号は調子に乗って6面!?でいきましょうかね??

※お詫び:先月号の特集よっ氏の記事は次号(年末号)へ続くようなことを記事中で言いましたが、来年号へ先送りします。よっ氏をはじめ、よっ氏ファンの方々、申し訳ございません。ご了承下さい。


よっ氏へ伝言、ネタ下さい^^

以心伝心12月号発行!

今回はS氏にフォーカス。S氏の特集は2回目ですが、今回はまた違った切り口で取材、記事を構成しました。2面はGさん「プラネタリウム」とKesunke氏「カメラと私」のエッセイ(?)です。次回にご期待!?

以心伝心発行してました。

最近放置気味のミデコログです。事後報告になりますが、以心伝心発行してました。

テーマは社内コミュニケーション、ok内氏の東京レポートなどなど内容盛りだくさん(?)です!

ミデコに来社された折に差し上げますので気軽に言って下さいね。


字が小さくて読めないと思いますが、ウェブでの公開はまだまだ先に送らせて頂きたいと思います。

いつかはishin-denshinをwebで公開できたら、と考えています。