ほっかブログ

2013年12月の記事

反応うすっ

昨日のイヴはみなさんいかがおすごしだったでしょうか?

我が家は次男の猛烈なリクエストにより、しゃぶしゃぶパーチー。noting チキン

年々平均年齢のあがる(当然か)我が家、それに比例してクリスマス色も年々うすーく…

 

けさなんて一番最後に起きてきた次男が、サンタさんのプレゼントを全然見に行かないので、

「うずうず」が限界に達した母(私ね)が「サンタさんにもらえたかなぁ?」と促す始末。当の本人、リクエストと一致したようで、嬉しそうにしてたものの、「えっ!今日だっけ?」と完全に忘却の彼方だったもよう…。

サンタさん頑張っただろうになぁ…。来年も懲りずに来てね。

みなさまもよい年末年始をお過ごし下さい。今年も1年ありがとうございました。(M)

☆☆☆メリークリスマス☆☆☆

プリント
よいお年を!

工場へ行こう!!

というわけで買っちゃいました、デザイナーの高橋 正美 著「工場へ行こう!!」。デザインを広げる特殊印刷の現場、ということで可食印刷や、箔押し印刷、点字印刷など様々な印刷技術を使ってデザインの幅の広がりを探るというような構成です。普段オフセット印刷、オンデマンド印刷ばかりなので、こういった特殊印刷の世界は新鮮で、読み応えがあります。じわじわと読んでいきたいと思います。

写真

がんばれ若手!

名古屋グランパスがクラブ史上最年少、現役高校生の杉森考起(16)とプロ契約。

あれは、かれこれ4、5年前だったかしら。

初めて杉森くんの存在を知ったのは、なにげなく見たテレビ。

アクア春日井JFCからグランパス育成へ加入、グランドまで片道2時間かけてお母さんが送迎して、の練習参加。仔犬みたいなくりっくりの眼で「お母さんに感謝でいっぱい」と話す姿に、母目線で感情移入して、まだ映像そのまま覚えてる私。

西野グランパスでスタートする来シーズン。今までの課題&問題だった若手育成も西野さんなら…と個人的には期待しているんですけど。

性急な結果を求めず、長〜い目で見てあげてほしいものです。

「プロチーム」って観点からすると難しい理想だってことは100も承知の上で。

 

同時に、過ぎた時間の速さを痛感させられた気分。

気持だけは、まだ若者なんだけどなぁ…ってそれがオバちゃんぽいか。(M)

なんか怖かったぁ~

この前、配達帰り運転中。怖かったぁ~ ちょっと渋滞している中、左前方にたっているおじさん?おじいさんに指をさされ、ジャスチャーでハンドルを握り、急ブレーキを踏んだような動作、そして首の後ろをとんとんと……。(なっなにー?)バックミラー越しに見るとおじさんは何事もなく立っている。てっことは、あの動作正に私にむかって?!なんなの気持ち悪い~。えっ~ぶつかってないよぉ~。しばし熟考。 そのとき私、首にネックウォーマーしてました。もしかしてこのせい?私が想像するおじさんの台詞「あんた、車運転しとって、ぶつかってむちうちになったのかん?」全然、面識ないおじさんだったけど、こうしか考え付きませんでした。どう思います?

日経デビュー?

12月2日の日本経済新聞の社会面に蒲郡ロケーションサービスの紹介がされておりました!記事の中では、ガマロケ!の取り組みや「ガマゴリネバーアイランド」の紹介、我らがボスも蒲郡商工会議所青年部会長という肩書きのもとで名前が出ていました。記事の内容は追って詳しく紹介したいと思います!

一句詠んでみました

“ダイレクト メールだけなの おめでとう” 今週の私。川柳にして一句詠んでみました。今週誕生日でした。そしてまさにこの渾身の川柳のような一日でした。別に誕生日を祝ってもらうような年ではない、それにおめでとうと言われても「いやあ、おめでたくないよ」(照れテレ!)って感じになると思うのですが。ダイレクトメール以外誰にも夕方までメールひとつなく過ごしました。我慢できず、旦那にだけ夜遅く「今日、私誕生日だった…」とたまらず告白。完璧に忘れていたようでしばし間のあと「おめでとう」と返事が…。子ども二人までに言うのもためらっていたが、昨日また我慢できず、次男に「お母さん、今週誕生日だったんだ。ダイレクトメールしか祝ってくれんかった…」と自虐的に告白。「へえぇ~おめでとう」 それだけかい!!

 家族の誕生日はお赤飯を炊いてお祝いはする。そして子どもには大きくなったとはいえ、ケーキを購入。そうだよね。段取りしているのは私。自分で朝からお赤飯でも炊けばよかったかなあ~。

ホーム最終戦

グランパスのホーム最終戦行ってきました。

結果は0-0。ほろ酔いで気分よさげな隣のおっちゃんも「こりゃ新潟(最終戦はアウェーのアルビレックス新潟戦)まで行って、勝ってもらわにゃ監督を送り出せんぞ」と、ゲーム内容にご不満のもよう。

そう、ストイコビッチ監督が今季限りで退任するってんで、終了後のセレモニーはピクシー一色。

合せてチームの中核を担っていた、阿部・増川・田中隼の三選手もチームを去る事に…。

個人的に思い入れのある選手ばっかりで、なかなかスタンドを去りづらい。

どうか来年もどこかのチームで闘う彼らの姿が見られますように。

両サイドとCBが一気に変って、若手主体となるであろう来季はきっと厳しいシーズンになるんだろうな…。

スポーツの世界において、みんなが納得出来るような世代交替ってありえないんだろうな、といろんな思いがぐるぐるぐる…。

毎年この季節は「スポーツで食べていく」ことを選んだ選手、彼らを支える家族が置かれている環境に、感情がだだすべりして切なくなる。

あゝこれも師走が誘う感傷なのかしら…(M)

いよいよ本格的に… ガマゴリうどん!

本格的に始まってきましたよ!ガマゴリうどん!

ワカメをダシに使い、蒲郡名産あさりをふんだんに入れた(5個以上)海鮮うどんです。9月下旬に滋賀県東近江市で開かれた「全国ご当地うどんサミット」では、一般投票でなんとグランプリになりました。地元蒲郡の新たな名物となることうけあいです。

ガマゴリうどんの定義も定められ本格的に始動してきましたね。ガマゴリうどんの定義を貼っておきます。

 

ガマゴリうどん提供店舗の募集も行われ、今後は蒲郡市内の多くのお店で食べられるようになるでしょう。

まず、この記事を書いている自分自身が食べたことないので、提供が始まったら食べにいってみようかと思います。

中日新聞にも紹介されとりました。