ほっかブログ

2014年03月の記事

メガネ復活!

ひび割れメガネも復活したので、取りいきました。

ほいでメガネも新品同様にキレイになって帰ってきたのですね。

直った眼鏡をかけて帰ろうとすると、

「(来る時にかけてきた)眼鏡ケースはありますか?」と一言頂きまして、

「適当に入れて帰るますよ^^」と返すと、

「それは眼鏡屋さんが見逃すわけにはいきませんね。」

と眼鏡ケースをちょうだいしたのですね。

ありがたいことです。次からはちゃんとケースを用意したいと思います。

とくにオチはございませんが、悪しからず…。

メガネのひび

アイウエアーは3本用意している。

1本はメインの仕事用、2本目は休日用、3本目は予備(デザイン的にあれなので)

お気に入りは2本目の休日用なのだけど、最近レンズにヒビが入ってしまった。

気がついたらヒビが入っててどこでぶつけたのか全然分からない。ユニクロの試着中にジッパーの金具でも当たったかな?

すぐにメガネ屋さんに持っていって修理に出したら、保証期間切れで実費5,000円ほどがかかったのだ。

お出かけの前日の出来事だったのと金額で少々落胆したのであった…。

そして今も2本目は入院中なり。

 

いっそコンタクトにでも手を出してみようかな…。

アモーレ 愛する人って

車の中で音楽じゃなく、結構な割合でラジオを聴く。主にNHKなんだけど。聴いたことない人は「お堅い」内容?と思うかもしれないが、なかなか柔らかく面白い。

 で、車の中で聴く気がなくても、なあんとなく国会中継や、大相撲が耳に入ってくる。昨日も大相撲の中継。取り組みの結果を聞いていると「アモーレ」という四股名が。「エッ、イタリア?」「エッ、あのヒデとロザンナが歌の間に叫んでいた言葉?」「どんな漢字書くの~?」

 家に帰って、調べんでも死にはせんのにパソコンで大相撲番付を検索。「アモーレ」なんてなかった。聞き違いか?似たような四股名を探す「阿夢露」=アムロ? いえアムウルでした。ロシア出身力士。アムール川からか?

 ついでにいろんな力士の名前を見たけど読めーーん。ラジオで四股名聞いて漢字で書けっていわれたら何点とれるのかな?

東北の美味しいものみっけ!

先週の土日、東海自動車さんのセールでした。東北大震災からセールのたびに復興支援東北物産展を開催。私なりの復興支援でいつも何かしら購入させてもらう。

今回は、初お目見え「家伝ゆべし」を購入。ゆべし好きな私だけど、これ本当に美味しかった。東海さんの物産展がなかったら、一生出会わなかったかもしれないけど、会えて良かったって感じです。次回、またセールのときあったら、絶対買いです。あまりのおいしさに一人で無心で食べちゃったんで、写真に残すこと出来ませんでした。でも、私の腹回りの一部として残ったと思います。

ねこのうんがえしのねこ、あの後、また会社の外履きスリッパのとこにうんおいてきました。そして会社の駐車場においてある一番新しい車をカリカリ爪で引っ掻いていきました。

もしかして、恩を感じているというより、むしろ機械に閉じこめられたのを恨みを抱いているのかな?

3月

2月号表紙

もう終わっちゃったけどひな祭り。

所感で書きますが…、

最近周囲の変化が著しいと感じます。

自分自身はそう変わっていないのですが、周りの環境が以前と比べ加速度的に変化している気がします。

完全に所感での発言なので具体的な話はできませんが、周囲の変化に自分自身が対応できているのか、そう自問する機会が増えている気がします。

事実、身の回りで変わったことが一つ二つではなくて、様々な事柄が呼応して、一つの変化が次の変化に結びついていくようにそれぞれがリンクしているのです。

でも、置いてかれるような気もなく、むしろこの時期を心地よく過ごせているような気がしています。変化を怖れているよりは、歓迎できている感もあるのです。自分自身の中でも何かが変わりつつあるのかもしれませんね。事実こうして久々にブログを更新したのもその変化のなした結果なのかもしれません。(単純に少しだけ余裕ができたから?)

完全に自分目線で書いていますので、至って意味不明な記事だと思われますが、何となくこのニュアンスを感じ取って頂ければと思います。

ねこのうんがえし

昨日、またネコにうんがえしされた。ちょっと前からちょろちょろしてる、黒猫だけど、漆黒ではなく、変に茶が混ざってるようなネコ。このネコ、たぶん二年くらい前、オフセットの4色機の中に入り込み、出れなくなったネコ。その時はまだ子猫だった。ネコが入ったせいで、機械を動かすことも出来ず、びびりままくったネコは緊張のあまり固まり出てこなくなった。そのネコのために機械に仰向けになりながら、人間自ら、救出に向かい、引っ張り出した。ちょっとケガをしていたが、その後振り向きもせず走っていった。心の中で、鶴の如く「恩返し」にきたりして、なんて思っていたけど。まさかの『うんがえし』。昨日で三回目  恩に感じるんじゃなく、情を感じ、縄張りにしとるのか~!!

テスト

テスト

泪と共に去りぬ…

ウン年ぶりのインフルエンザから復活するも、花粉症の症状がじわじわと…。

このところ体調がイマイチすぐれない私。年齢のことは置いといて。それは重々承知ですから。

アレルギーなのか、別れの季節だからなのか、涙腺がゆるみぎみ。

悲惨なニュースに悲壮感と不安(最近頻発してる気がする…)で「じわり」、ちょっとイイ話で「じわりじわり」、たわいもないテレビ番組に「だーっ」と涙腺崩壊。季節?のせいにしているのも危険な気がしないでもないか。

何でもストレス解消法の1つに「号泣療法」ってあるんだそうです。ぶわーっつと泣いて、ストレスも泪と一緒に放出するというアレ。

泣いたあとって、おめめはパンパンに腫れちゃうけど、すっきりしますよね?あの現象も科学的根拠があるものらしいです。

泪を自在に操れる女子の方がやっぱりたくましくできてるワケですかねぇ!?(M)

※写真は 浜名湖の奥に見える富士山(車窓より。中央の白い三角…見えるかな?)。いつもは見えないですよ。豊橋からも見えたんですが、カメラが間に合わず(どんだけ過ぎてるよ…)。雪のあとさぶーい日だったので、空気が澄んでたのかな。気候条件が合えば、蒲郡からも見えるとのこと。納得です。