ほっかブログ

タグ「ペーパークラフト」

ゲテモノ ver2


今日はお楽しみのゲテモノ、「アノマロカリス」をつくります!

アノマロカリスたった6つの部品で構成されています。これなら簡単にできる!

アノマロカリス接着剤、はさみなど無くても、はめ込むだけなので手間がかかりません。パッケージには5分でできるとありましたが、自分の場合15分近くもかかってしまいました…。慎重すぎたか、不器用すぎたか…!

アノマロカリス完成!これぞアノマロカリス!

アノマロカリスう、美しい… 。流線型のフォルムに惹かれます。

アノマロカリス前はちとおぞましい感じ。こんなのに追いかけられたらたまったもんじゃありません。

アノマロカリス

形はできたので、後はカラーリングです。前回の宣言通り、ゲテモノらしいゲジゲジスタイルに仕上げてやります。

紙の工作はおもしろい!

ちなみにこんな顔してます。いわゆるマヌケ顔ですが、かわいいやつです。バッテンのところが口です。

アノマロカリス

ミーン. . .  ミーン. . .

ゲテモノ

こんなゲテモノを手に入れました。

アノマロカリス

先週見学に行った生命の海科学館で売っているグッズの「アノマロカリス」のペーパークラフトです。

350円です!なかなかリアルです!

ペパクラとはいえど、素材は段ボールでかんなり丈夫です。

中を出すと…

アノマロカリス

こんな感じの段ボールが出てきます。切り込み入ってます!

部品は6個だけ、組み立て5分、道具いらずの簡単キットですが、まだつくりません。お楽しみはとっておきます…

アノマロカリス

と〜ても簡単なのです!カラーリングはゲテモノらしくゲジゲジした感じに仕上げてやります。


よくよく考えれば段ボール2枚で350円って相当な付加価値ですよね。段ボールにアノマロ型の切り込みを入れてパッケージングするだけでこれだけの付加価値をつけることができるなら、紙もいろいろと可能性がありそうですね。

さらにこればっかりはiPadでもiPhoneでも真似できない。紙の勝利!?



紙の利点=折れる、切れる、やぶれる、燃やせる、塗れる、書ける、鼻をかめる(段ボール以外)、食べれる!?