ほっかブログ

タグ「三河弁」

三河弁メモ帳が三河地域で販売されています!

三河弁メモ帳が三河地域で販売されています!

岡崎市内の竹内文具店様では、GWの連休直前に入荷されたとのことですが、クチコミで一気にひろがり初回は完売したとのことです。また、リピーターも多く、かなり販売数が多いそう。三河にちなんだ名前をpopで紹介して頂いております。(写真)

<竹内文具店様のスタッフブログ>http://ameblo.jp/takebun-suzulog/entry-11235679230.html?frm_src=thumb_module

現在、次の店舗で販売をされております。

興味のある方は、是非足を運んで商品を直接手に取ってみて下さい。

きっと三河弁をよりマスターすることができると思います。

プレゼントにも最適ですよ!

 

——————————————-

サン味岡(阿久比・西尾)

いまじん(岡崎)

青木堂(高浜)

杉屋事務機(豊田)

池田事務器(豊田・岡崎)

竹内文具店(岡崎)

B2(安城)

岬屋(碧南市)

——————————————-

 

 

 

奥が深い。

三河弁メモ帳をつくるまで特に三河弁についてどうとか考えることはなかったけど、調べていくにつれて地域によって微妙に使われ方やイントネーション、余韻が違ったりと三河弁も幅が広いなと感じました。僕自身県外の出身なので三河弁自体が新鮮なのですが、名古屋弁と何が違うのか最初はイマイチ分からず、名古屋弁を少し柔らかくした感じ程度にしか思っていませんでした。(その逆かも)

三河弁メモを作成するにあたり図書館や書店で資料を探しにいきましたが、なかなか資料という資料が出て来ない。方言に関する本はあるのですが。。。なければつくる、というのもありかもです。「総力取材、三河弁!」「三河弁全集」みたいな感じで。西と東、さらに細かく区分けした地域ごとの使われ方など。三河弁と言ったら水野印刷みたいに言われる(?)日も近いかもしれませんね!?